コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ギャラ3割カット!? 広告出演する有名人に大切なこととは(Business Media 誠)

 昨今の経済環境の中で、タレントの出演するCMが激減。またタレントのギャラも暴落しているようだ。

 今年2月に『週刊現代』に掲載された記事では、民放各局がタレントの番組出演料を3割以上も削減と報じている。また、CMの出演料も削減され、特に大物芸能人ほど下落幅が大きいという。推定でも、仲間由紀恵さんや長澤まさみさんはCM出演料が約2000万円下落、松嶋菜々子さんはかつての半額とのこと。男性タレントでも、明石家さんまさんや妻夫木聡さんなどが軒並み3割以上のダウンらしい。

●なぜ企業はタレント起用を避けるのか

 不況の影響で、大手企業でも、昔と同等にCMを打つだけの十分な資金体力が無く、高額なギャラが発生する大物タレントの起用を避け、子どもや動物を使うといった傾向にある。

 昨今の経済状況の中で、ROI(=Return on Investment/投資利益率。投資額とそれが生む利益との比率)を重点指標とする経営や広告が広く浸透するにつれ、企業の広告は、より費用に見合う「効果」を期待されるようになっている。逆に言えば、タレントのギャラの下落は、その「効果」を果たすに至らないという結論に過ぎないのだ。

 売れるかどうか分からない、ギャンブル的な投資は控えられ、効率のよい投資が求められる今日の状況では、「売り上げ向上につながる」タレントやCMが強く求められている。

●広告に出演するタレントの責任とは

 広告をプロデュースする立場から言えば、2009年末に起こった薬物使用によるのりピーの逮捕で、最も被害を被ったのは、彼女をCMで起用したスポンサー企業だと思う。

 頭痛薬「ノーシン」でおなじみのアクラスは、酒井法子さんを起用したCMを1997年から続けてきた。決してテレビCMが多かったわけではないが、ブランドイメージの醸成に、少しずつ、じっくり、実に10年以上の歳月をかけてきたのだ。

 そんなCMに出演していた彼女が、まさに「白い薬」で逮捕された事件は、白い頭痛薬を販売するアクラスにとっては、本当に大きな痛手だったはず。薬が“頭痛の種”になってしまうとは何とも皮肉な話である。

 逮捕後、「CM契約社にはCMの違約金が支払われる」との報道もあったが、これは単に違約金を払えばよいという類の話ではない。違約金以上の大きなダメージが、企業には重くのしかかってくるのだ。

 酒井法子さんだけでなく、覚醒剤で逮捕されたタレントは、その後「製薬会社」のCMに復帰することは、常識的に考えてまずない。立場を変えてみれば、これはタレントが自分で自分の可能性を狭めていることにほかならないのである。

●「CMに出演する」ことは「社員の1人として振る舞う」こと

 ソフトバンクのCMに出演するSMAPは、CMが決まった後、メンバー全員が携帯電話をソフトバンクモバイルに乗り換えたという。

 また、かつて和田アキ子さんは、自身の出演する「アッコにおまかせ」の中で、CMに対する思いを次のように語っていた。

 「例えば、自分がコンビニなどでお茶漬けを買うなら、(CMに出演させてもらっている)永谷園を買うのは当たり前だと思う。だってこんな私に期待してくれたスポンサーさまからお金を頂戴しているわけだから、普段の生活の中でも、その期待を裏切ることはあってはならないと思う」

 この発言を聞いた時、私は「この人は、CMに出演するタレントの鏡。真のプロフェッショナルだ」と感じたことを今でもリアルに覚えている。

 芸能人の数が多くなる一方で、企業CMの数は少なくなる時代。広告をプロデュースする立場の人間として、私はタレントのみなさまにお伝えしたい。

 「これからの時代、CMに出演するタレントには、まさに企業の『広告塔』として、『社員の1人』になりきって、責任ある行動をすることが求められますよ」と。

 CMに出演している時だけでなく、普段の行動、言動そのものが問われる時代になっているのだ。(小野寺洋)

【関連記事】
1年で5000万円を稼いだ「遺言ビジネス」の真髄とは?
深夜2時までチェックインOK――ホテル五龍館のお客さま視点
「ゆかた美人コンテスト」で優勝する方法とは?

2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
<障害者行政>モニタリング機関設置求める 推進会議(毎日新聞)
タイで拘束の男逮捕=不法入国助けた疑い―千葉県警(時事通信)
喫煙する父を持つ娘の85%が「吸わないで」(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)

 「私自身、この職を退かせていただく」。笑顔で親指を立て、続投をうかがわせた前夜から一転、鳩山由紀夫首相が2日、ついに退陣を表明した。米軍普天間飛行場問題、政治とカネの問題を理由に挙げ、小沢一郎・民主党幹事長にも辞任を要請。「とことんクリーンな民主党に戻そう」と訴えたが、参院選にも大きく影響しそうな“政権投げだし”に、党内にも困惑がみられた。

 2日午前10時過ぎ、国会内で開かれた民主党の両院議員総会。壇上の鳩山首相は、出席者から長い拍手を受け、少し目をうるませたような表情でスピーチを始めた。

 「日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の皆さんの判断は間違っていなかったと確信している」「皆さん方と協力して国民が主役の政治を作ろうと今日まで頑張ってきたつもり」↓ 首相は、選挙演説のような口調で8カ月余りの政権の成果を強調した。

 一方で「残念なことに、政権与党としてのしっかりとした仕事が必ずしも国民の心に映っていない。国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきたのは、私の不徳のいたすところ」と謝罪。

 その上で、普天間飛行場問題で社民党の政権離脱、自身や小沢幹事長の政治とカネの問題で大きな国民不信を招いたことを挙げ、自らの退陣を表明するとともに、「幹事長も、恐縮ですが職を退いていただきたい」。さらに、選挙違反事件で陣営元幹部が2審でも有罪判決を受けた小林千代美衆院議員(北海道5区)についても「責めを負ってほしい」と迫った。

 約20分にわたったスピーチ。首相は「ぜひ新しい民主党、新しい政権を皆さんの手で作り上げていただきたい」と訴えたが、自民党政権時代に続き、政権交代を経ながら、またしても短命内閣となることに。

 総会後、官邸に戻る際に記者団からコメントを求められた首相は「いいよ、もう十分です、ありがとう」。最後まで“宇宙人ぶり”を発揮した。

メガネなしで3D体感 「技研公開2010」(産経新聞)
愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
<質問なるほドリ>無煙たばこって何?(毎日新聞)
閣議で「何らかの決定」=普天間移設の政府方針―鳩山首相(時事通信)
郵便不正 調書採否決定要旨(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。